東洋大学創立八十周年記念法学論文集

東洋大学法学部 [編]

[目次]

  • 目次
  • 刊行のことば 三野昌治
  • 民事法
  • 法律の解釈適用 三野昌治 / p1
  • 一 法律の解釈とその適用との関係
  • 二 法律の解釈
  • 三 法律の適用
  • 四 法律行為の解釈
  • 裁判官による法の形成に関する一考察 K・ラレンツ教授の所説を中心に- 三和一博 / p27
  • はじめに
  • 一 裁判官による法形成の方法
  • 二 裁判官による法形成の権限
  • 三 裁判官による法形成の検討
  • 四 むすび
  • 自然人の人格 三野陽治 / p59
  • 一 民法上の人
  • 二 人間の人格
  • 三 権利能力と人格権
  • 四 自然人の権利能力
  • 五 自然人の権利能力と法人の権利能力
  • フランス商事会社法の改正について 中村武 / p91
  • 一 はじめに
  • 二 改正法の組織
  • 三 改正の諸点
  • 四 総則
  • 五 各種の会社(殊に株式会社法)について
  • 六 結び
  • 会社の権利能力の目的による制限の可否について 武藤節義 / p121
  • 一 序
  • 二 会社の権利能力と目的との関係に関する学説
  • 三 判例の動向
  • 四 アメリカ及びドイツにおける会社の権利能力と目的との関係
  • 五 会社の権利能力の目的による制限の検討
  • 1 目的による権利能力の制限の必然性の検討
  • 2 民法第四三条の会社への類推適用の当否
  • 六 会社の目的の会社における法的機能
  • 施設管理権と組合活動-施設利用をめぐる民事上の問題- 門田信男 / p153
  • 一 施設管理権と企業内組合
  • 二 組合事務所
  • 三 組合集会
  • 四 組合掲示板
  • 五 ビラ配布・ビラはり
  • 公法・政治学
  • 憲法前文について 中条博 / p187
  • 一 前論
  • 二 本論
  • (一) 前文の意義
  • (二) 明治憲法の前文
  • (三) 日本国憲法の前文
  • (四) 前文の効力
  • (五) 憲法改正のポイント
  • 自衛隊法一二一条への憲法的視点と実定的解釈-恵庭事件裁判における- 高木武 / p205
  • はしがき
  • 一 公判経過過程の概要
  • 二 弁護側の主張
  • 三 越判所の反応
  • 四 判決と判決理由
  • むすび
  • 桂園時代と政党 松岡八郎 / p235
  • 一 まえがき
  • 二 第一次西園寺内閣時代
  • 三 第二次桂内閣時代
  • 四 第二次西園寺内閣時代
  • 五 むすび
  • 刑事法
  • 未遂の教唆 田中政義 / p275
  • まえがき
  • 一 ドイツにおける理論
  • 二 わが国における学説・判例
  • 三 私見
  • 構成要件該当性と違法性-不作為犯を一例とする構成要件論批判- 今上益雄 / p305
  • はしがき
  • 一 構成要件論の学説史的発展と違法性論の素描
  • (1) 主としてベーリング・マイヤー・メツガーの構成要件論と目的的行為論
  • (2) 構成要件と違法性との相互関係
  • 二 不作為犯と構成要件該当性
  • あとがき
  • 法史学
  • 都市賎民行政の基礎考察-東京の被差別部落と「乞胸」部落の場合- 荒井貢次郎 / p339
  • 序言
  • 一 被差別部落の定義と江戸の部落
  • 二 近世賎民身分基準
  • 三 部落発生学説
  • 四 江戸幕府の賎民部落造り
  • 五 明治被差別民解放令と浅草「部落」の解体・近代化
  • 六 乞胸部落と乞胸
  • 結言

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東洋大学創立八十周年記念法学論文集
著作者等 三和 一博
三野 昌治
中村 武
中条 博
今上 益雄
東洋大学法学部
松岡 八郎
武藤 節義
田中 政義
荒井 貢次郎
門田 信男
高木 武
三野 陽治
書名ヨミ トウヨウ ダイガク ソウリツ 80シュウネン キネン ホウガク ロンブンシュウ
書名別名 Toyo daigaku soritsu 80shunen kinen hogaku ronbunshu
出版元 東洋大学法学部
刊行年月 1967
ページ数 381p
大きさ 22cm
NCID BN0929615X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68006996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想