0歳児がことばを獲得するとき : 行動学からのアプローチ

正高信男 著

本書は赤ちゃんがことばを開花させるまでを詳細に追求して、授乳を通しての母子間交流、おうむがえしの意味、母親語の役割等を明らかにし、ニホンザルとヒトの音声発達の過程を比較しつつ、ヒトの言語獲得能力の系統的起源を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 くちびるは赤ちゃんの心の窓である
  • 第2章 おうむがえしの意義
  • 第3章 はじめての声がわり
  • 第4章 かわいらしさの発見
  • 第5章 母親語をはなしていますか?
  • 第6章 メロディーがメッセージ
  • 第7章 ホモ・ロクエンスの系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 0歳児がことばを獲得するとき : 行動学からのアプローチ
著作者等 正高 信男
書名ヨミ ゼロサイジ ガ コトバ オ カクトクスル トキ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.6
ページ数 182p
大きさ 18cm
ISBN 4121011368
NCID BN09286225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93060176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想