日本外交現場からの証言 : 握手と微笑とイエスでいいか

孫崎享 著

本書は、英、米、独、中国等の外交政策の背後にあるものを探って、日本外交の足跡と比較しつつ外交の本質を見極めようとする。情報収集と分析、政策決定、交渉と、外交の主要分野の豊富な実務経験から、今後の日本外交の在り方を模索する試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 外交の第1歩は価値観の違いの認識
  • 第2章 親善が外交の中心でいいか
  • 第3章 情報収集・分析
  • 第4章 新しい外交政策の模索
  • 第5章 政策決定過程
  • 第6章 外交交渉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本外交現場からの証言 : 握手と微笑とイエスでいいか
著作者等 孫崎 享
書名ヨミ ニホン ガイコウ ゲンバ カラノ ショウゲン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.6
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4121011341
NCID BN09284955
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93059489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想