名監督メモリアル

飯島正 著

1950年代から80年代にかけての、まさに映画完熟期の監督論集。著者は映画を立体的で動的な文学として研究、<映画学>を学問の一分野にした功績が評価され、このほど第11回川喜多賞を受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アレグザンダー・コルダの業績
  • 溝口健二の死を悼む
  • ヒッチコック・ノート
  • 万作映画のこと
  • 黒沢明
  • 小津安二郎の作品について
  • 小津安二郎と『東京物語』
  • 木下恵介とテレビ
  • フェルリーニの足跡
  • デュヴィヴィエとフランス映画
  • 五所平之助の無声時代から敗戦まで
  • 『壁あつき部屋』と小林正樹
  • カール・ドライヤーとデンマーク映画
  • 映画史から見たゴダール〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名監督メモリアル
著作者等 飯島 正
書名ヨミ メイカントク メモリアル
出版元 青蛙房
刊行年月 1993.4
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 4790503305
NCID BN09283420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93037757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想