教養の漢字学

阿辻哲次 著

漢字の発明者は実在するか?骨に文字を彫ってみたら?抽象的なものを、どうやって漢字にしたのか?漢字の誕生と発展、筆記具の発達、漢字の分類、日本への伝来、コンピュータに載せられた漢字の問題など、興味つきない話題満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 漢字の誕生をめぐって
  • 第2章 神に捧げた文字-甲骨と金文
  • 第3章 紙以前の漢字文化
  • 第4章 漢字研究の始まり-「説文解字」の世界
  • 第5章 日本への漢字の伝来
  • 第6章 現代日本の漢字文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教養の漢字学
著作者等 阿辻 哲次
書名ヨミ キョウヨウ ノ カンジガク
書名別名 Kyoyo no kanjigaku
出版元 大修館書店
刊行年月 1993.6
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 4469230944
NCID BN09281968
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93052635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想