ディオニューソス : 破壊されざる生の根源像

カール・ケレーニイ 著 ; 岡田素之 訳

今世紀有数の神話学者の主著の完訳。謎多き神の本質を破壊されざる無限の生と捉える本書は、象徴の森を探索しながらクレタ的核心に迫り、ギリシア本土への到来や密儀集団の活動、その後の変遷を詳述する。文学的とも呼べる見事な論述は、私たちの生と文化創造に貴重な示唆を与えよう。図版一九三点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ギリシア語にみられる有限の生と無限の生
  • 第1部 クレータ島の前奏曲(ミノア期の幻視
  • 光と蜂蜜
  • ディオニューソス神話のクレータ的核心)
  • 第2部 ギリシア期の神話と祭祀(到来の神話
  • ディオニューソス・トリエテーリコス-二年周期の神
  • アテーナイ人のディオニューソスとギリシアの秘儀参入者が崇拝するディオニューソス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディオニューソス : 破壊されざる生の根源像
著作者等 Kerényi, Karl
岡田 素之
Kerenyi Karl
ケレーニイ カール
書名ヨミ ディオニューソス
書名別名 Dionysos
出版元 白水社
刊行年月 1993.6
ページ数 524, 39p
大きさ 22cm
ISBN 4560019746
NCID BN09278001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93050246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想