風景のイギリス文学

マーガレット・ドラブル 著 ; 奥原宇, 丹羽隆子 訳

『嵐が丘』に描かれるハワースの荒野、「ピーター・ラビット」の生まれ故郷の湖水地方、ディケンズが描くごみごみとしたロンドンの街と、イギリス文学には、特定の土地と結びついた作品が数多い。本書は、小説家であり、文学研究者でもあるマーガレット・ドラブルが、こうしたかずかずの詩や小説における風景描写によって、イギリスの作家たちが何を描こうとしてきたのかを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 聖なる土地
  • 第2章 田園のヴィジョン
  • 第3章 芸術としての風景
  • 第4章 ロマン派の詩人たち
  • 第5章 工業都市の情景
  • 第6章 黄金時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風景のイギリス文学
著作者等 Drabble, Margaret
Lewinski, Jorge
丹羽 隆子
奥原 宇
レヴィンスキー J.
ドラブル マーガレット
書名ヨミ フウケイ ノ イギリス ブンガク
書名別名 A writer's Britain
出版元 研究社
刊行年月 1993.6
ページ数 328p
大きさ 26cm
ISBN 4327481173
NCID BN09267162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93058844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想