なぜ太鼓腹は嫌われるようになったのか? : <気>と健康法の図像学

田中聡 著

東洋と西洋が激突する昭和初期の大衆医療の世界。呼吸法、気功術、心霊治療、各種の健康法…。今はやりの健康法の原形はすべてこの時代にあった。理想の体形が太鼓腹から張り胸型に移行するにつれ、健康思想は優生思想、軍事教練思想に変質する。豊富な通俗図版を通して微細に検証する<気>と<健康法>の図像学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 太っ腹の美学へ
  • 2 「健康」の二つの時間
  • 3 <気>と<呼吸法>のモダニズム
  • 4 「まづ健康!」の時代
  • 結び 太っ腹リバイバル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ太鼓腹は嫌われるようになったのか? : <気>と健康法の図像学
著作者等 田中 聡
書名ヨミ ナゼ タイコバラ ワ キラワレル ヨウニ ナッタノカ
出版元 河出書房新社
刊行年月 1993.5
ページ数 248p
大きさ 20cm
ISBN 4309008313
NCID BN09264415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93040454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想