三好行雄著作集  第6巻 (近代文学史の構想)

三好 行雄【著】

近代文学の諸相・近代と反近代・明治大正文学史論・昭和文学史論の四部構成による本格的文学史論十九篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代文学の諸相(近代文学の諸相-谷崎潤一郎を視点として)
  • 2 近代と反近代(日本の近代化と文学
  • 反近代の系譜
  • 風狂の反近代
  • 漱石の反近代
  • 詩的近代の成立)
  • 3 明治大正文学史論(文学史の前提
  • 写実主義の展開-自然主義以前
  • 自然主義成立史をめぐっての試論-明治40年代
  • 日露戦争後の文学
  • 白樺派の青春
  • 芥川龍之介の死とその時代)
  • 4 昭和史論(旧世代文学の動向-昭和文学への地平
  • 転形期の評論-プロレタリア文学とその時代
  • 戦後文芸評論の位相-<政治と文学>論争をめぐって
  • 私小説の動向-その戦後における展開
  • <近代>の円環が閉じる時)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三好行雄著作集
著作者等 三好 行雄
書名ヨミ ミヨシ ユキオ チョサクシュウ
書名別名 近代文学史の構想
巻冊次 第6巻 (近代文学史の構想)
出版元 筑摩書房
刊行年月 1993.6
ページ数 369p
大きさ 22cm
ISBN 4480700463
NCID BN09262985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93064686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想