岩波講座現代思想  4 (言語論的転回)

新田義弘 ほか編

20世紀は「言語の世紀」と言われる。哲学の関心を意識から言語へ、実体概念から関係概念へと転回させた現代言語学・論理学の革命的意義を問い直し、現代思想の主流を形成する言語哲学や記号論の新たな地平を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 意識から言語へ(危機の言語学
  • 反デカルト主義的論考-言語の問題をめぐって
  • 世界観としての言語)
  • 言語論的哲学の展開(「言語論的転回」とはなにか
  • 論理学の革命
  • ウィトゲンシュタインの衝撃
  • 言語行為論とプラグマティクス)
  • 言語のコスモロジー(ロシア・フォルマリズム
  • デカルト派言語学
  • 詩的言語と間<あいだ>の交通論
  • レトリックの知)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座現代思想
著作者等 富田 恭彦
新田 義弘
桑野 隆
石黒 ひで
篠原 資明
米盛 裕二
菅野 盾樹
藤村 竜雄
西山 志風
野家 啓一
高田 珠樹
三島 憲一
丸山 圭三郎
丸山 高司
佐々木 力
子安 宣邦
村田 純一
新田義弘ほか
書名ヨミ イワナミ コウザ ゲンダイ シソウ
書名別名 言語論的転回

Iwanami koza gendai shiso
巻冊次 4 (言語論的転回)
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.6
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 4000105345
NCID BN09258117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93048866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想