日本の工業化と鉄鋼産業 : 経済発展の比較制度分析

岡崎哲二 著

[目次]

  • 鉄鋼産業の形成(国際環境と近代鉄鋼技術の導入
  • 国際競争停止下の拡大と制度変化<1914〜1918>)
  • 国際競争の再開と輸入代替の開始(国際競争下の価格形成
  • 企業金融と合理化投資
  • 政策決定システムと政策方針
  • カルテルの結成)
  • 市場機構の変容(銑鉄市場
  • 鋼材市場
  • 合理化と収益性の回復)
  • 合理化投資と恐慌への対応(合理化投資と企業金融
  • 恐慌期の鉄鋼市場
  • 製鉄合同問題の再燃)
  • 輸出産業への転換と製鉄合同(景気回復期の鉄鋼市場
  • 製鉄合同
  • 小括)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の工業化と鉄鋼産業 : 経済発展の比較制度分析
著作者等 岡崎 哲二
書名ヨミ ニホン ノ コウギョウカ ト テッコウ サンギョウ
書名別名 Nihon no kogyoka to tekko sangyo
シリーズ名 東京大学産業経済研究叢書
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1993.6
ページ数 236p
大きさ 22cm
ISBN 4130401300
NCID BN09251548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93058343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想