「弱者」の哲学

竹内章郎 著

「弱者」という存在が社会と文化の在り方へ向けて投げかける問題の省察を通じて、人間存在の意味に新しい光をあてる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現状に抗して-能力主義を批判するということ(「能力に応ずる」の意味
  • 「能力にかかわらず」の射程
  • 「生命の質」とプライヴァシー ほか)
  • 2 現状の中から-能力主義にたじろがなければ(「障害者」として?「人間」として?
  • 「障害」は邪魔物?
  • 「能力」も所有物? ほか)
  • 3 現状を越えて-能力主義を越えたところにみえるもの(「障害」概念の多様性
  • 共同性の深化拡大
  • 相互関係自体としての能力 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「弱者」の哲学
著作者等 日本科学者会議
竹内 章郎
書名ヨミ ジャクシャ ノ テツガク
シリーズ名 科学全書 49
出版元 大月書店
刊行年月 1993.6
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4272401599
NCID BN09251297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94029074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想