アイデンティティと共生の哲学

花崎皋平 著

希望の世紀、21世紀へ。国籍、民族、性の壁を越えた"ピープル"として、理論と実践とを常に往復し、新しい普遍性を追求する書下し意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「水俣宣言」からの出発
  • 第1章 普遍主義と特殊主義-戦後日本国家を考える
  • 第2章 普遍主義への批判と国際人権論
  • 第3章 エスニシティをめぐる経験と思考
  • 第4章 エスニシティ・階級・世界システム
  • 第5章 エスニシティとアイデンティティ
  • 第6章 反差別の論理と倫理
  • 第7章 女と男-分断と抑圧の精神構造の中で
  • 第8章 「開発」と「発展」についての物語と理論と
  • 第9章 ピープルとしてのアイデンティティと共生
  • 終章 ピープルはいつピープルになれるのか
  • 資料 「水俣宣言」-希望の連合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アイデンティティと共生の哲学
著作者等 花崎 皋平
書名ヨミ アイデンティティ ト キョウセイ ノ テツガク
出版元 筑摩書房
刊行年月 1993.5
ページ数 330p
大きさ 20cm
ISBN 4480842241
NCID BN0924656X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93050418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想