農業起源をたずねる旅 : ニジェールからナイルへ

中尾佐助 著

ニジェール川上流域からサハラ砂漠南縁に沿ってエチオピアに至る、スーダンベルト八十日間の探検調査行。著者は、サバンナと熱帯雨林の栽培植物、野生植物、農耕形態を克明に観察し、鋭い直感をはたらかせて、自著『栽培植物と農耕の起源』で主張した「西アフリカは人類史上重要な農業起源の地である」ことを検証する。現地体験の魅力を鮮明に伝える貴重な記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 サバンナの農耕文化(サバンナの中へ
  • トンブクトゥの町
  • ニジェール川の中と外
  • グラベリマ稲の正体
  • 穀倉とキネ ほか)
  • 第2部 森林の農耕文化(中間地帯を下る
  • ダオメの植林地帯を下る
  • 油ヤシが出てきた
  • ヤム・ベルトを行く
  • ヤム・ベルトのウリ類 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農業起源をたずねる旅 : ニジェールからナイルへ
著作者等 中尾 佐助
書名ヨミ ノウギョウ キゲン オ タズネル タビ
シリーズ名 同時代ライブラリー 150
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.6
ページ数 226p
大きさ 16cm
ISBN 4002601501
NCID BN09246457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93053755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想