薬物依存 : ドラッグでつづる文化風俗史

中村希明 著

麻薬と覚醒剤はどう違うのか。同じ麻薬でも、モルフィネやヘロインなどのアヘン系とコカインとはどう違うのか。覚醒剤とコカインはどう似ているのか。大麻は無害なのか。現在の睡眠剤は安全なのか、一世を風靡したLSDとはなんなのか。一口に依存性薬物といっても、フツーのひとには疑問だらけ。時代と場所が変われば乱用される薬物も変わってくる。歴史の流れとともに変転するさまざまなドラッグの薬理・精神作用から、歴史的・社会的背景までを、戦後世界の文化風俗とともに解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 薬物乱用とはなにか
  • 第2章 戦後から高度成長期前期に薬物乱用
  • 第3章 現代をいろどる薬物乱用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薬物依存 : ドラッグでつづる文化風俗史
著作者等 中村 希明
書名ヨミ ヤクブツ イソン
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1993.6
ページ数 248, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4061329723
NCID BN09245556
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93050585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想