ナマコの眼

鶴見良行 著

ナマコ-、この奇妙に魅力的な生物の視座から、アジアと日本の歴史を眺めてみると何が見えてくるのか。東北アジア・中国・東南アジアを覆う広大な歴史の舞台で、ナマコがヒト族と関わっていくさまを悠然たる文章で描き出しながら、大文明の下で抑えられ続ける辺境-、とりわけ海の民の重要性を問いかけ、植民地主義万能の思い込みに修正を迫る歴史ルポタージュ大作。90年度新潮学芸賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 太平洋の島々
  • 第2部 アボリジニーの浜辺
  • 第3部 <東インド諸島>の人びと
  • 第4部 漢人の北から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナマコの眼
著作者等 鶴見 良行
書名ヨミ ナマコ ノ メ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1993.6
ページ数 574, 88p
大きさ 15cm
ISBN 448008066X
NCID BN09229593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93063906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想