ギリシア・ローマの盛衰 : 古典古代の市民たち

村川堅太郎 ほか著

二千年以上も昔の地中海世界に、民主政や共和政が成立し、香り高い文化が花開いたのはなぜか。その担い手となったのは、ギリシアやローマの都市国家に生れた平等な土地所有者たる古代市民だった。しかし、空前の大帝国を誇ったローマにも、大土地有制の普及と市民の経済的衰退、独立精神の喪失等により滅亡の時が訪れる。現代の市民社会にも多大な示唆に富む古代文明の栄光と暗転を描いた力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 地中海地域
  • 2 伝説の時代
  • 3 古典古代の都市国家
  • 4 都市を越えて広域国家に
  • 5 古典古代の市民たち
  • 6 「われらの海」に
  • 7 「市民のなかの第一人者」
  • 8 泰平の逸民
  • 9 ナイルからラインまで
  • 10 新約聖書の世界
  • 11 市民から臣民へ
  • 12 変る世界と教父たち
  • 13 暗転

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシア・ローマの盛衰 : 古典古代の市民たち
著作者等 村川 堅太郎
長谷川 博隆
高橋 秀
書名ヨミ ギリシア ローマ ノ セイスイ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1993.6
ページ数 375p
大きさ 15cm
ISBN 4061590804
NCID BN0922726X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93048946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想