日本歴史地名大系  第7巻 (福島県の地名)

平凡社地方資料センター【編】

浜通り・中通り・会津。三つの地方がそれぞれの風土のもとにはぐくんだ歴史と文化。古代平泉文化の広がりを示す白水阿弥陀堂。阿津賀志山では中世の始まりを告げる激戦が行われ、霊山・宇津峰城は南朝の牙城であった。東北の近世開幕となる豊臣秀吉の奥羽仕置は会津黒川から発せられた。日本史の転換期に登場する地名の数々。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本歴史地名大系
著作者等 平凡社地方資料センター
書名ヨミ ニホン レキシ チメイ タイケイ
書名別名 福島県の地名
巻冊次 第7巻 (福島県の地名)
出版元 平凡社
刊行年月 1993.6
ページ数 1225p
大きさ 27cm
ISBN 4582490077
NCID BN09215646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93062490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想