資本主義のハビトゥス : アルジェリアの矛盾

ピエール・ブルデュー 著 ; 原山哲 訳

「先住民年」のいま、資本主義の植民活動が被植民地にひきおこしている「現実」は如何なるものか分析する本書が、前資本主義経済から資本主義経済への過渡的状況にたいする新限界学派や構造主義的マルクス主義の、具体的歴史的状況に盲目な客観主義の立場からの抽象を、強く批判。<ディスタンクシオン>概念を生んだ、ブルデューの出発点の碑。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 構造とハビトゥス
  • 第1章 単純再生産と周期的時間
  • 第2章 矛盾する必然性と両義的行動
  • 第3章 主観的願望と客観的チャンス
  • 第4章 経済的性向の変化のための経済的条件
  • 結録 意識と無意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本主義のハビトゥス : アルジェリアの矛盾
著作者等 Bourdieu, Pierre
原山 哲
ブルデュー ピエール
書名ヨミ シホン シュギ ノ ハビトゥス
書名別名 Algérie 60
シリーズ名 Bourdieu Library
出版元 藤原書店
刊行年月 1993.6
ページ数 188p
大きさ 20cm
ISBN 4938661748
NCID BN09212513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93047389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想