低開発国貿易と援助問題 : いわゆる南北問題の解明

外務省経済局, 外務省経済協力局, 国際連合局 編著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 一次産品問題
  • 第一節 総説 / p1
  • 一 南北問題の背景 / p1
  • 二 一次産品問題と低開発国 / p3
  • 三 一次産品価格の安定化 / p4
  • 四 一次産品問題の国際的討議の場 / p5
  • 第二節 多数国間ベースにおける一次産品問題 / p5
  • 一 ガット / p5
  • 二 国際連合(国連) / p16
  • 三 IMF / p24
  • 四 国際商品協定 / p28
  • 第三節 わが国の各国別一次産品問題 / p34
  • 一 アジア地域 / p34
  • 二 中近東地域 / p39
  • 三 アフリカ地域 / p43
  • 四 中南米地域 / p47
  • 第二章 特恵問題
  • 第一節 総説 / p51
  • 第二節 ガットおよび国連における特恵問題 / p52
  • 一 ガットにおける特恵問題 / p52
  • 二 特恵問題と国連貿易開発会議 / p56
  • 第三節 既存特恵の現状と問題点 / p57
  • 一 英連邦特恵 / p57
  • 二 EEC / p64
  • 三 LAFTAおよび中米共同市場の特恵 / p69
  • 第三章 援助問題
  • 第一節 低開発国問題解決の手段としての援助 / p74
  • 一 貿易と援助 / p74
  • 二 低開発国問題の意義 / p75
  • 三 低開発国援助の必要性 / p77
  • 四 開発援助 / p78
  • 五 貿易拡大のための援助 / p80
  • 第二節 低開発国援助の歴史 / p84
  • 一 経済援助の開始-救済と復興のための援助 / p84
  • 二 米ソの対立と軍事援助の強化 / p85
  • 三 技術援助の開始 / p86
  • 四 開発援助への道 / p87
  • 五 開発援助の本格化 / p89
  • 六 一九六〇年代 / p89
  • 七 援助のための国際協力の強化 / p90
  • 八 援助条件の緩和 / p91
  • 九 援助形態の多様化 / p92
  • 一〇 自助努力の重要性 / p93
  • 第三節 日本の低開発国援助 / p95
  • 一 日本の低開発国援助の意義 / p95
  • 二 日本の経済協力の発展 / p95
  • 三 日本の経済協力の形態 / p96
  • 四 日本の経済協力の地理的配分 / p97
  • 五 本格的援助の実施の必要性 / p97

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 低開発国貿易と援助問題 : いわゆる南北問題の解明
著作者等 外務省国際連合局
外務省経済協力局
外務省経済局
国際連合局
書名ヨミ テイカイハツコク ボウエキ ト エンジョ モンダイ : イワユル ナンボク モンダイ ノ カイメイ
書名別名 Teikaihatsukoku boeki to enjo mondai
シリーズ名 国際問題シリーズ ; 35
出版元 日本国際問題研究所
刊行年月 1964
ページ数 99p
大きさ 22cm
NCID BN09188656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64005935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想