愛はなぜ終わるのか : 結婚・不倫・離婚の自然史

ヘレン・E.フィッシャー 著 ; 吉田利子 訳

愛は4年で終わるのが自然であり、不倫も、離婚・再婚をくりかえすことも、生物学的には自然だと説く衝撃の書。男と女のゆくえを占う全米ベストセラー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 求愛-ひとが演じるゲーム
  • 2 恋愛感情-「どうして彼なのかしら」「どうして彼女なのだろう」
  • 3 人間の絆-一夫一妻は自然なのか
  • 4 なぜ不倫か-浮気の本質
  • 5 4年めの浮気-離婚の青写真
  • 6 樹上で暮らした祖先たち-高貴なる野蛮人が森を駆けまわっていたころ
  • 7 エデンを離れて-一夫一妻と配偶者遺棄の源について
  • 8 エロス-性的感情の出現
  • 9 セイレーンの罠-ひとの性の進化
  • 10 なぜ男と女はちがうのか-ひとの性的な頭脳の発達
  • 11 ほとんど人類-血縁と10代の遺伝子
  • 12 意識が花開く-最初の豊かな社会
  • 13 気まぐれな情熱-太古のロマンス
  • 14 死がふたりを分かつまで-西欧の2重基準の誕生
  • 15 未来の性-過去に向かって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛はなぜ終わるのか : 結婚・不倫・離婚の自然史
著作者等 Fisher, Helen E
吉田 利子
フィッシヤー ヘレン・E.
書名ヨミ アイ ワ ナゼ オワルノカ
書名別名 Anatomy of love

Ai wa naze owarunoka
出版元 草思社
刊行年月 1993.5
ページ数 309p
大きさ 20cm
ISBN 4794205082
NCID BN09185920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93041778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想