黄金のビザンティン帝国 : 文明の十字路の1100年

ミシェル・カプラン 著 ; 田辺希久子, 松田廸子 訳

[目次]

  • 第1章 11世紀続いた帝国
  • 第2章 皇帝-「神の代理人」とその権力
  • 第3章 光の都コンスタンティノーブル
  • 第4章 都市の生活
  • 第5章 農民の暮らし
  • 第6章 ギリシア文化の継承者
  • 第7章 神と聖人たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄金のビザンティン帝国 : 文明の十字路の1100年
著作者等 Kaplan, Michel
井上 浩一
松田 廸子
田辺 希久子
カプラン ミシェル
書名ヨミ オウゴン ノ ビザンティン テイコク
書名別名 Tout l'or de Byzance
シリーズ名 「知の再発見」双書 28
出版元 創元社
刊行年月 1993.6
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 4422210785
NCID BN09180290
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94063725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想