ジ・エンド・オブ・ザ・ゲーム

ピーター・ビアード 著 ; 伊藤俊治, 小野功生 訳

人喰いライオンを倒す伝説的ハンターたち。獲物との直接的な命のやりとりを繰り返した彼らも、動物保護政策によって狩られる立場となった。狩る者も狩られる者も、サバンナから姿を消し始めている。保護区域に押しこめられた動物たちは、急激な個体数の増加による飢えとストレスで死に、土地は砂漠化し、滅亡の影がアフリカをおおう。幻のアフリカ楽園の最期。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 白い山
  • 2 海岸からの蛇
  • 3 猟獣の眼に見つめられて
  • 4 ゲーム・コントロール
  • 5 野獣の死骸の傍らで
  • 6 恐怖も希望もないところ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジ・エンド・オブ・ザ・ゲーム
著作者等 Beard, Peter
Beard, Peter H.
伊藤 俊治
小野 功生
Beard Peter Hill
ビアード ピーター・H.
書名ヨミ ジ エンド オブ ザ ゲーム
書名別名 The end of the game

Ji endo obu za gemu
出版元 リブロポート
刊行年月 1993.4
ページ数 293p
大きさ 28cm
ISBN 4845707888
NCID BN09179178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93063967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想