フランス革命文明論  第2巻

スタール夫人 著 ; 井伊玄太郎 訳

[目次]

  • スタール夫人の「フランス革命文明論」の現代的意義
  • フランス人の外国への亡命
  • 1791年憲法の運命についてネッケルの予言
  • 立法議会を構成していた諸党派
  • 立法議会布告の精神
  • フランスとヨーロッパとの間の最初の戦争
  • 共和制創設のために1792年に用いられた手段
  • 1792年に祝われた7月14日の革命一周年祭
  • フリュンスヴィック公の宣言
  • 外国軍の侵入と国内での暴力に対する救済活動
  • ボナパルト将軍のエジプト遠征準備とスイス侵攻についての彼の意見
  • エジプトの消息、ボナパルトの帰国
  • ルイ16世の裁判
  • チャールス一世とルイ16世とにおける英仏の相異点と革命
  • 英仏の戦争とピットとフォックス
  • 恐怖政治とよばれる政治体制〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス革命文明論
著作者等 Staël, Madame de
Staël-Holstein, Anne Louise Gèrmaine (Necker), baronne de
井伊 玄太郎
Stael
スタール
書名ヨミ フランス カクメイ ブンメイロン
書名別名 Considérations sur les principaux événemens de la Révolution française
巻冊次 第2巻
出版元 雄松堂出版
刊行年月 1993.7
ページ数 350p
大きさ 21cm
ISBN 4841901345
NCID BN09176522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93059358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想