社会政策講義  1

大河内一男 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 賃労働の創出と陶冶 / p7
  • 第一節 賃労働の創出過程 / p9
  • 一 對建家臣団の分解と没落 / p11
  • 二 ギルド(同業組合)の解体 / p13
  • 三 外国からの賃銀労働者の流入 / p15
  • 四 カトリック教会の解体 / p15
  • 五 農民離村 / p17
  • 第二節 賃労働の陶冶 / p21
  • 一 浮浪者に対する取締り / p21
  • 二 浮浪者の陶冶 / p23
  • 第二章 産業革命と労働問題 / p31
  • 第一節 産業革命とその影響 / p33
  • 第二節 熟練労働者の没落と「機械打ちこわし」運動 / p37
  • 第三節 未熟練労働者の登場 / p42
  • 第四節 労働組合運動の発生 / p43
  • 第三章 「原生的労働関係」と社会政策 / p47
  • 第一節 「原生的労働関係」の特徴 / p49
  • 一 労働時間 / p50
  • 二 賃銀 / p58
  • 三 雇入・解雇 / p61
  • 四 労務管理 / p67
  • 第二節 「原生的労働関係」の克服 / p71
  • 一 労働力の磨滅 / p71
  • 二 「粗製濫造」 / p74
  • 第四章 労働組合運動と社会政策 / p79
  • 第一節 賃労働と労働組合 / p81
  • 一 戦前の労働運動 / p81
  • 二 労働組合の経済的意義 / p83
  • 第二節 労働運動の展開と社会政策の諸形態 / p90
  • 一 労働運動とその思想 / p90
  • 二 「飴と鞭」 / p93
  • 第五章 社会政策の本質と概念 / p99
  • 第一節 社会政策の本質 / p101
  • 一 概念規定の不明確 / p101
  • 二 社会政策の経済的必然性 / p103
  • 第二節 社会政策とその関連領域 / p107
  • 第六章 日本における賃労働と社会政策 / p113
  • 第一節 日本における賃労働の特質 / p115
  • 一 日本的賃労働 / p115
  • 二 労働人口の特殊性 / p121
  • 三 新しい賃労働の形成 / p123
  • 四 労務管理の登場 / p127
  • 第二節 生涯雇用と労働組合 / p130
  • 一 企業別組合とその特徴 / p130
  • 二 企業別組合の問題点 / p137
  • 三 労働市場と労働組合 / p142
  • 第三節 日本における社会政策の特質 / p146

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 社会政策講義
著作者等 大河内 一男
書名ヨミ シャカイ セイサク コウギ
巻冊次 1
出版元 有信堂
刊行年月 1963
ページ数 150p
大きさ 21cm
NCID BN09086882
BN09172791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63006727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想