通化事件 : 共産軍による日本人虐殺事件はあったのか? いま日中双方の証言で明らかにする

佐藤和明 著

敗戦半年後、武装蜂起した日本人が共産軍を襲撃、返り討ちにあった。日中双方が初めて歴史の暗部を証言する。中国側資料『通化「二・三」暴動』収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 通化事件の全貌
  • 1 通化事件まで(通化第一二五師団
  • 関東軍総司令部参謀・草地作戦班長
  • 東辺道の虹
  • 満州製鉄株式会社
  • 藤田首謀説に異議あり
  • 石人鉱業所・大塚伝治所長
  • 石人八宝分坑・捕虜収容所
  • 日本人民解放連盟
  • 事既に此処に至る、決行以外に途なし
  • 延安からきた政治委員・杉本一夫)
  • 2 通化事件-昭和21年2月3日(中山隊、公安局攻撃の顛末
  • 計画されていた後続部隊
  • 二道江に届けられた密書の行方
  • 藤田大佐の最後
  • 二股かけていた林航空隊
  • 残留家族
  • 小学生の体験した通化事件
  • 日本帝国主義最後の抵抗)
  • 3 引揚げ(信じられていた昭和天皇の退位
  • 中国に残留を命じられた青年たち
  • 通化第一陣の引揚げ記録
  • 四つの遺骨を胸に引揚げてきた子供たち
  • 満州国の要請に該当するのは君だ
  • 初めて実現した通化への旅
  • 満州が郷愁のみで語られる時)
  • 増補資料 通化「二・三」暴動(前兆
  • 首謀者
  • 野合
  • 反撃
  • 結末)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通化事件 : 共産軍による日本人虐殺事件はあったのか? いま日中双方の証言で明らかにする
著作者等 佐藤 和明
書名ヨミ ツウカ ジケン
出版元 新評論
刊行年月 1993.4
版表示 増補版.
ページ数 406p
大きさ 20cm
ISBN 4794801742
NCID BN09165581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93048030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想