生と死の間 : それでも脳死・臓器移植か

水野精一 著

[目次]

  • 1 人間の生と死
  • 2 脳死とはどのようなものなのか
  • 3 医療とインフォームド・コンセント
  • 4 臓器売買の禁止と、分配の分平性その他
  • 5 脳死・臓器移植と法
  • 6 社会的観点から
  • 7 移植術を受けた後について
  • 8 人の生死と宗教、ことに洋の東西における差異
  • 9 脳死と臓器移植及び生体肝移植について
  • 10 膵臓移植及び他の臓器の移植
  • 11 再び脳死と臓器移植について
  • 12 人の死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生と死の間 : それでも脳死・臓器移植か
著作者等 水野 精一
書名ヨミ セイ ト シ ノ ハザマ
出版元 かもがわ
刊行年月 1992.11
ページ数 134p
大きさ 19cm
ISBN 4876990697
NCID BN09146215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93034471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想