レギュラシオン理論

山田鋭夫 著

危機ごとに姿を変える資本主義を、どうとらえるか?最新鋭理論<レギュラシオン>は、人間を取り巻く「制度」に着目、そこに働く「調整」を通じて資本主義を透視する。ケインズ、マルクスの遺産を乗り越えフランスで誕生した、21世紀の経済学を易しく説き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ なぜレギュラシオンか
  • 1 資本主義はどうとらえられてきたか
  • 2 レギュラシオン理論の誕生と理論家たち
  • 3 レギュラシオンとは何か
  • 4 フォーディズムの時代
  • 5 ボルボイズムとトヨティズム
  • 6 21世紀の資本主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レギュラシオン理論
著作者等 山田 鋭夫
書名ヨミ レギュラシオン リロン
書名別名 経済学の再生

Regyurashion riron
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1993.5
ページ数 192p
大きさ 18cm
ISBN 4061491466
NCID BN09133676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93043223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想