宇垣一成 : 政軍関係の確執

渡辺行男 著

2.26事件以降、政治の主眼は陸軍を抑えること、あるいは協調におかれた。そして「宇垣なら」という待望論が絶えることはなかった。宇垣一成とは何者であったのか。力量・識見あふれる実力者だったのか。3月事件の影の主役である野心家であったのか。昭和12年、組閣の大命を受けながら陸軍中堅幹部の排斥工作によって遂に大命拝辞に追いこまれた真の理由は何か。新史料を駆使して波瀾の生涯を辿り、昭和史の謎に肉薄する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 清浦・貴族院内閣の成立
  • 第1章 陸相をめぐる陸軍首脳の抗争
  • 第2章 3月事件の謎
  • 第3章 大命拝辞
  • 第4章 外務大臣就任
  • 第5章 和平工作
  • 第6章 吉田茂の宇垣擁立工作
  • 終章 松籟荘

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇垣一成 : 政軍関係の確執
著作者等 渡辺 行男
書名ヨミ ウガキ カズナリ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.5
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4121011333
NCID BN09116269
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93053293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想