仏教とは何か : ブッダ誕生から現代宗教まで

山折哲雄 著

仏教を考える上で、もっとも根元的な難問は「仏教をどう生きるか」ということではないか。現代、日本人にとって、この問いに応えることが焦眉の急務になっている。その難問に対処するには、まずブッダの人生と仏教の歴史を等分の視野におさめる必要がある。ひとり日本においてのみ繁栄を誇り、しかし今や、その生命力を枯渇させつつ自滅の道を突き進んでいる大乗仏教-。日本の仏教を、ブッダ誕生の原点に立ちもどって検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ブッダの人生
  • 2章 ブッダと現代
  • 3章 仏教思想のキーワード
  • 4章 日本仏教の個性
  • 5章 民俗仏教の背景
  • 6章 現代との接点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏教とは何か : ブッダ誕生から現代宗教まで
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ ブッキョウ トワ ナニカ
書名別名 Bukkyo towa nanika
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.5
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 4121011309
NCID BN09115390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93053267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想