化学反応はなぜおこるか : 授業ではわからなかった化学の基礎

上野景平 著

本書は、化学の基礎の基礎である化学反応とは、どういうものなのか、物質が結合したり分離したりするというのはどういうことなのかを分かりやすく解説したものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ものは変化する
  • 2 物質の正体
  • 3 プロパンガスはなぜ燃えるか-化学変化とは
  • 4 鉄は燃えないのか-化学反応のおこりやすさ
  • 5 一瞬に光るフラッシュランプ-反応がどのように進むか(速度論)
  • 6 れんげ草の秘密-反応はどこまですすむか(平衡論)
  • 7 使い捨てカイロはなぜ暖かくなるか-熱化学反応
  • 8 伸びる杉の木と腐る朽ち木-エントロピー(乱雑さ)
  • 9 生きものの秘密-触媒の効能

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化学反応はなぜおこるか : 授業ではわからなかった化学の基礎
著作者等 上野 景平
書名ヨミ カガク ハンノウ ワ ナゼ オコルカ
書名別名 Kagaku hanno wa naze okoruka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1993.5
ページ数 216, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4061329693
NCID BN09114398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93043424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想