日本の驕慢・韓国の傲慢

渡部昇一, 呉善花 著

日韓関係は冷戦後の新国際秩序の枠組みの中でグローバルに考えねばならない。過去にとらわれ、未来をおろそかにすることは両国にとって不幸である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日韓関係の新たなステージ
  • 第2章 韓国人の意識と行動を読む
  • 第3章 多元的文化と一元的文化
  • 第4章 日韓の違いは封建制度にある

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の驕慢・韓国の傲慢
著作者等 呉 善花
渡部 昇一
書名ヨミ ニホン ノ オゴリ カンコク ノ タカブリ
書名別名 新日韓関係の方途

Nihon no ogori kankoku no takaburi
出版元 徳間書店
刊行年月 1993.3
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 4191451375
NCID BN09095566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93032494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想