今昔物語と医術と呪術

槙佐知子 著

遥かな歴史から生まれてきた医術・呪術がどのように日本文化にとり入れられて来たのか。現代の思考や生活にどうかかわっているのか。痩せる食事から癌治療薬まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『医心方』の話
  • 第2章 『今昔物語』と『医心方』
  • 第3章 病気に対する考え方
  • 第4章 鬼に打たれた病と鬼の唾
  • 第5章 苦行のあと釈迦が口にしたもの
  • 第6章 呪の米・薬の米
  • 第7章 肉と養生
  • 第8章 痩せる食事
  • 第9章 仙人の食べもの
  • 第10章 亀の恩返し
  • 第11章 妃に嫌われた口臭
  • 第12章 帝釈天の薬
  • 第13章 透明人間になる薬
  • 第14章 一千年前の癌治療薬
  • 第15章 現生利益の法
  • 第16章 平中を悩殺した女と香料
  • 第17章 古木に宿る霊の崇り
  • 第18章 サディストの女盗賊と薬
  • 第19章 眉間が一尺あった男の話
  • 参考資料(薬の量目について
  • 月建、十二直、干支のことなど)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今昔物語と医術と呪術
著作者等 槙 佐知子
書名ヨミ コンジャク モノガタリ ト イジュツ ト ジュジュツ
書名別名 Konjaku monogatari to ijutsu to jujutsu
シリーズ名 今昔物語
出版元 築地書館
刊行年月 1993.4
版表示 〔新装版〕
ページ数 272p
大きさ 20cm
ISBN 4806767646
NCID BN09093833
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93037940
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想