刑法史の断層面

滝川幸辰 著

[目次]

  • 目次
  • 序 / p1
  • 一 イエーズスの裁判 / p1
  • 一、はしがき(一) / p3
  • 二、はしがき(二) / p4
  • 三、イエーズスの裁判の梗概 / p6
  • 四、逮捕 / p12
  • 五、ハンナスの審理 / p15
  • 六、カーイファスの審理(ユデーア裁判所の裁判) / p17
  • 七、ユデーア裁判所の判決 / p24
  • 八、ローマの代官の審理の性質 / p28
  • 九、ピラーツスの審理(一) / p31
  • 一〇、ピラーツスの審理(二) / p35
  • 一一、ユデーアの宗教犯とローマの政治犯 / p38
  • 一二、死刑の執行(十字架) / p41
  • 一三、むすび / p45
  • 二 ローマの死刑 / p47
  • 一、はしがき / p49
  • 二、法律上の死刑 / p50
  • 三、慣習によって認められた死刑 / p56
  • 四、死刑執行の時期、場所 / p59
  • 五、むすび / p61
  • 三 死刑問題への一寄与 / p65
  • 一、はしがき / p67
  • 二、死刑制限から死刑廃止へ / p68
  • 三、ベツカリーアの死刑廃止論 / p69
  • 四、死刑に関する諸国の刑法 / p73
  • 五、研究せられざる死刑問題 / p88
  • 六、死刑存置論 / p90
  • 七、死刑廃止論 / p94
  • 八、むすぴ / p96
  • 四 近代的拘禁制度の成立まで / p105
  • 一、十七世紀 / p107
  • 二、十八世紀 / p113
  • 五 近代的自由刑の誕生 / p127
  • 一、昔の自由刑と今の自由刑 / p129
  • 二、アムステルダムの懲治場の建設 / p130
  • 三、アムステルダムの懲治場 / p135
  • 四、ロンドンおよびニュールンベルクの懲治場とアムステルダムの懲治場との関係 / p144
  • 六 啓蒙時代の刑罰思想 / p149
  • 一、啓蒙時代以前の刑罰思想 / p151
  • 啓蒙時代の自然法 / p160
  • 三、啓蒙哲学と刑法理論 / p171
  • 四、フランス / p172
  • 五、イタリー / p181
  • 六、ドイツ / p192
  • 七 チェザーレ・ベッカリーアとトマソ・ナタレ / p203
  • 八 ベッカリーアの銅像 / p231
  • 九 ナタレの旧宅 / p241
  • 一〇 実際家フォィエルバッハ / p251
  • 一一 いわゆるキール学派の刑法体系 / p279
  • 一二 目的的行為概念 / p291
  • あとがき 滝川春雄
  • 挿画
  • 著者・像 / (巻頭)
  • ユスティーチア / (目次~本文)
  • 『斬首者橋』のほとり / p146
  • ベツカリーアの銅像 / p232
  • ナタレの旧宅跡 / p242

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 刑法史の断層面
著作者等 滝川 幸辰
書名ヨミ ケイホウシ ノ ダンソウメン
書名別名 Keihoshi no dansomen
出版元 一粒社
刊行年月 1963
ページ数 312p 図版
大きさ 19cm
NCID BN09081062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63011191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想