新釈古事記

石川淳 著

この世のはじまり、国土を成さない、くらげなす、あぶらなす原初から"くに"の生成に至るまで、古事記の筆者はそれをつぶさに見て来たという。読者を信じこませるにたるその雄渾な筆致の魔力。本邦最初の文学として生み落とされた千古の文体と、夷斎を名乗る作家との出会い。正確かつ奔放な訳業によって、難解な古典も親しい読み物として、今、生命を吹きかえす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国うまる
  • 死の国、生の国
  • スサノオなげく
  • 天ノ石屋戸
  • 出雲八重垣
  • 稲羽のシロウサギ
  • シコオとスサノオ
  • 神代恋歌
  • 出雲の国つくり〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新釈古事記
著作者等 石川 淳
書名ヨミ シンシャク コジキ
シリーズ名 古事記
ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1991.8
ページ数 235p
大きさ 15cm
ISBN 4480025456
NCID BN0907522X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91068856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想