看護婦は自転車に乗って

宮崎和加子 著

病院の外にも、看護婦を求めている人たちがいる。そう直感した著者は、訪問看護の道を選ぶ。通院できない寝たきりの老人、家で死を迎えたいという末期ガンの患者…。彼らのもとへ自転車で通い、身のまわりのお世話や介護をするのだ。病院から地域へ飛び出した訪問看護婦の仕事を通し、これからの地域医療と福祉のあり方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 田中さんをお世話して
  • 訪問看護って何だ
  • 「白衣の天使」はイヤだった
  • 起きて暮らすために
  • 終末期の患者さんと
  • なぜ「家で」なのか
  • 看護婦という仕事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看護婦は自転車に乗って
著作者等 宮崎 和加子
書名ヨミ カンゴフ ワ ジテンシャ ニ ノッテ
シリーズ名 ちくまプリマーブックス 71
出版元 筑摩書房
刊行年月 1993.4
ページ数 200p
大きさ 19cm
ISBN 4480041710
NCID BN09067301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93043327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想