東京再発見 : 土木遺産は語る

伊東孝 著

皇居二重橋にある龍のレリーフ、帝都を守る橋の配置、そして幻の大運河-。東京には隠れた土木遺構が数多く眠っている。近代化の掛け声とともに造られたトンネル、橋、鉄道、駅、道路…、それらは設計家の美学を反映し、美しいシルエットと素晴らしい装飾に彩られていた。いまに残る土木遺産を訪ね、建造の秘密を解き、現代の土木美を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 装飾のメタファー
  • 2 アーチの空中回廊
  • 3 見える地下、見えない地下
  • 4 帝都の門
  • 5 水辺のオアシス
  • 6 近代土木遺産を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京再発見 : 土木遺産は語る
著作者等 伊東 孝
書名ヨミ トウキョウ サイハッケン
書名別名 Tokyo saihakken
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.5
ページ数 235, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4004302846
NCID BN09061225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93050759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想