四国開発の先覚者とその偉業  第4集

渡辺茂雄 著

[目次]

  • 目次
  • 序文
  • 第一章 讃岐の生んだ海の先覚者 藤川三溪 / p11
  • 一 三溪とその生いたち / p12
  • 二 中山城山と高島秋帆 / p16
  • 三 江戸と京都の三溪 / p19
  • 四 金岳公子=松平左近 / p22
  • 五 松平左近をめぐる人びと / p26
  • 六 竜虎隊長と獄中生活 / p30
  • 七 奥羽征討の功績 / p35
  • 八 捕鯨への熱意 / p42
  • 九 名著『捕鯨図識』 / p47
  • 一〇 鯨談一束 / p50
  • 一一 経論家・実践家として / p60
  • 一二 むすび / p68
  • 一三 余録・わが国水産業界の現状 / p71
  • 第二章 徳島経済振興の父 大串龍太郎 / p83
  • 一 生家 / p84
  • 二 公人としての活躍 / p88
  • 三 徳島銀行をつくる / p92
  • 四 金融恐慌とその影響 / p98
  • 五 当時の銀行制度 / p103
  • 六 徳島電灯会社創設 / p111
  • 七 徳島鉄道を敷く / p124
  • 八 むすび / p128
  • 第三章 高知近代産業の創始者 川崎幾三郎 / p133
  • 一 その人となり / p134
  • 二 初代川崎幾三郎の苦闘 / p141
  • 三 初代の再興と二代目 / p151
  • 四 二代目幾三郎の革新的活動 / p158
  • 五 金融界の大御所 / p163
  • 六 電気事業=電灯と電気鉄道 / p172
  • 七 水力電気と電話 / p177
  • 八 育英事業 / p187
  • 九 むすび / p197
  • 第四章 月賦百貨店の創始者 田坂善四郎 / p203
  • 一 はじめに / p204
  • 二 <けんど舟>から<椀舟>まで / p207
  • 三 伊予水車あれこれ / p219
  • 四 田坂善四郎という人 / p230
  • 五 月賦販売の歩んだ道 / p236
  • 六 月賦販売の現状 / p241
  • あとがき / p247

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 四国開発の先覚者とその偉業
著作者等 渡辺 茂雄
書名ヨミ シコク カイハツ ノ センカクシャ ト ソノ イギョウ
巻冊次 第4集
出版元 四国電力公共課
刊行年月 1966
ページ数 249p
大きさ 22cm
NCID BN09053861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67007909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想