現代学校論 : いま学校に問われているもの

天野正輝 ほか編著

「教育学原論・教育史研究会」の共同研究として、現代学校教育の問題状況を「学校教育の日本的性質」、「競争」、「情報化」、「生涯学習」、「子どもの権利」といったキーワードのもとに論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 現代学校論の理論的実践的課題
  • 第1部 現代学校教育の役割と課題(学校教育の日本的特質
  • 現代学校と競争原理
  • 戦後学力論の問題
  • 教育課程づくりの理論と方法
  • 教育評価と授業・カリキュラム
  • 生活指導の現代的課題
  • 学級の起源と今日における意義
  • 教師像の探究
  • 学校教育と「情報化」
  • 中等教育の歴史と課題)
  • 第2部 現代学校をめぐる論争点(生涯教育政策の現段階-地域統合と職業訓練
  • 子どもの人権と教育実践-「子どもの権利条約」をめぐって
  • 現代学校批判論の立脚点と射程
  • 旧西ドイツにおける反教育学と教育終焉論の登場
  • 戦後教育学とソビエト教育学-矢川教育学への一試論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代学校論 : いま学校に問われているもの
著作者等 天野 正輝
橋本 伸也
窪島 務
書名ヨミ ゲンダイ ガッコウロン
出版元 晃洋書房
刊行年月 1993.4
ページ数 324, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4771006512
NCID BN09049026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93034364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想