見るということ

ジョン・バージャー 著 ; 笠原美智子 訳

ザンダー、ストランド、ベーコン、マグリットらの作品をとおして、まさに<見る>ことの地層に分け入り、その成り立ちを検証する。写真、美術評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ動物を観るのか?
  • 写真を使う(スーツと写真
  • 苦悩の写真
  • ポール・ストランド
  • 写真を使う-スーザン・ソンタグに捧ぐ)
  • 生きられた瞬間(素朴派と専門家
  • ミレーと農夫
  • シーカー・アーメットと森
  • ローリーと北部工業地帯
  • ラルフ・ファサネラと都市の経験
  • ラ・トゥールとヒューマニズム
  • フランシス・ベーコンとウォルト・ディズニー
  • 信念のオブジェ
  • 二つのコルマールの間 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見るということ
著作者等 Berger, John
笠原 美智子
バージャー ジョン
書名ヨミ ミル ト ユウ コト
書名別名 About looking
出版元 白水社
刊行年月 1993.4
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 4560038511
NCID BN09041851
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93037677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想