昭和維新試論

橋川文三 著

人間の幸福とは何かを探求しつづけた思想家の水脈として、石川啄木、高山樗牛、渥美勝、北一輝等を近代日本精神史のなかに位置づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 渥美勝のこと
  • 2 渥美の遺稿「阿呆吉」
  • 3 「桃太郎主義」の意味
  • 4 長谷川如是閑の観察
  • 5 青年層の心理的転位
  • 6 樗牛と啄木
  • 7 明治青年の疎外感
  • 8 戊申詔書
  • 9 地方改良運動
  • 10 田沢義鋪のこと
  • 11 平沼騏一郎と国本社
  • 12 日本的儒教の流れ
  • 13 癸亥詔書
  • 14 北一輝の天皇論
  • 15 国家社会主義の諸形態

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和維新試論
著作者等 橋川 文三
書名ヨミ ショウワ イシン シロン
書名別名 Showa ishin shiron
シリーズ名 朝日選書 475
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1993.5
ページ数 271p
大きさ 19cm
ISBN 4022595752
NCID BN09037515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93043171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想