書物の秩序

ロジェ・シャルチェ 著 ; 長谷川輝夫 訳・解題

中世末から一八世紀にかけて西洋人は手写本、次いで活字大が流布した大量のテクストを、どのように統御しようと試みたか。テクスト指名の基本原理としての作者の創出、普遍的図書館の夢、モノとテクストと作者を結びあわせる書物の新しい定義の出現は、テクストに対する関係を変え、新しい秩序を設定した。しかしこの秩序は、読者の自由を完全に無効にする力を持たない。読者は、書物が押しつける意味をかわし、表現し直す。回避される強制と拘束される自由の弁証法的関係は場所、時代、人により異なる。この関係の諸々の様態とヴァリエーションを識別することこそ、書物の秩序のあらたな激変を予感して書かれた本書の、主たるテーマである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 読者共同体
  • 第2章 作者の形象
  • 第3章 壁のない図書館
  • 解題
  • 書物の社会史と読書行為
  • ビブリオ
  • 原注

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書物の秩序
著作者等 Chartier, Roger
長谷川 輝夫
シャルチェ ロジェ
書名ヨミ ショモツ ノ チツジョ
書名別名 L'ordre des livres
シリーズ名 Bibliotheque des histoires
出版元 文化科学高等研究院出版局
刊行年月 1993.3
ページ数 320p
大きさ 19cm
ISBN 493871003X
NCID BN09034856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94037655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想