活路 : 人間の一生は寂しいものだ

真鍋繁樹 著

「ひとり生まれてひとり往くのが人生だ。自己生命に宿る永遠のいのちを信じて、今日あって明日ない覚悟で、いまを心丈夫に快活に生きよ」本書は、人生を力強く生きるための指南書である。「人間勉強道場自然の泉」総長、大ベストセラー「人生汗と涙と情」の著者、浅尾法灯を徹底解剖!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生きるための活路-自分が変わろうとすれば人生は変わる
  • 第2章 親と子の活路-子どもの心の歪みは親の歪みにある
  • 第3章 健康への活路-頼るな願うな、奇蹟は自分で起こせ
  • 第4章 仕事の活路-成功を望むなら、身体と頭に汗をかけ
  • 第5章 生き甲斐の活路-自らの殻を破れば道は拓ける

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 活路 : 人間の一生は寂しいものだ
著作者等 真鍋 繁樹
書名ヨミ カツロ
書名別名 Katsuro
出版元 ペック
刊行年月 1987.12
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 4062037521
NCID BN09031315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88012197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想