技能者訓練

宮木勇 著

[目次]

  • 目次 / p3
  • まえがき / p1
  • 第一章 技能者訓練の重要性 / p3
  • 一 技術革新は技能を変質する / p3
  • 二 これからの技能者育成の考え方 / p10
  • 第二章 技能者訓練の基本的な考え方 / p13
  • 一 知識、技能および一般教養 / p13
  • 二 規律維持と生活指導 / p18
  • 三 技能職種の決定 / p19
  • 四 体系的な技能者訓練 / p22
  • 五 OJT、OFF・JTの組合せによる合理的な訓練 / p23
  • 六 被訓練者中心の技能訓練 / p25
  • 第三章 技能者訓練の組織と方法 / p27
  • 一 どこでだれがどのようにして行なうか / p27
  • 二 技能者訓練の方法 / p32
  • 三 各種学校による技能者養成 / p56
  • 四 共同事業内職業訓練所による技能者養成 / p60
  • 五 産学協同方式による技能者養成 / p62
  • 六 訓練担当部門が独自の方式で行なう技能者養成 / p67
  • 第四章 技能者訓練の計画と準備 / p81
  • 一 訓練ニーズの発見 / p81
  • 二 技能者訓練のニーズ発見のための用具、手段、方法 / p87
  • 三 訓練目標の決定と訓練課程の作成 / p105
  • 四 技能訓練課程の作成 / p127
  • 五 実技訓練と学科訓練の関連性(配列問題) / p131
  • 六 訓練時間の課程配分 / p132
  • 七 技能訓練予定表の作成 / p134
  • 八 レッスン・プランの作成 / p138
  • 九 作業指導票の作成 / p157
  • 十 訓練施設、機械、工具、材料、その他教材 / p172
  • 十 技能訓練指導者の育成 / p188
  • 十二 技能訓練対象の把握管理 / p201
  • 十三 技能者訓練の評価 / p207
  • 十四 合理的な技能訓練 / p211
  • 第五章 OJT(実務訓練)のすすめ方 / p259
  • 一 OJTのすすめ方 / p259
  • 第六章 新入技能者の入職訓練 / p270
  • 一 新入社の日から手がけよ / p271
  • 二 入職訓練計画作成の基礎 / p271
  • 三 入職訓練実施上の留意点 / p273
  • 四 入職訓練技術 / p274
  • 五 入職訓練のための時間とその生かし方 / p278
  • 第七章 技能訓練と技能検定 / p279
  • 一 技能訓練と技能検定の関連性 / p279
  • 二 職業訓練法と技能検定 / p280
  • 第八章 技能オリンピックと技能訓練 / p312
  • 一 技能オリンピックと技能訓練の結びつき / p312
  • 第九章 アメリカの技能者養成制度 / p324
  • 一 アメリカの技能訓練行政 / p324
  • 二 アメリカ企業の技能者養成-ウェスチングハウス社を中心に- / p329
  • 参考文献 / p339

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 技能者訓練
著作者等 宮木 勇
書名ヨミ ギノウシャ クンレン
シリーズ名 経営実務全書
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1965
ページ数 339p
大きさ 19cm
NCID BN09030673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65004205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想