ウイルスハンティング : エイズウイルスとの邂逅

ロバート・ギャロ 著 ; 山口一成 訳

誰がエイズウイルスを見つけたか。その渦中から一人の卓越した科学者ロバート・ギャロ博士が、エイズウイルスをとりまく科学・政治・人間模様を赤裸々に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「ウイルス学小史」(医者に、科学者になるのだ
  • NIH腫瘍細胞生物学研究部
  • 小さな侵入者・ウイルス)
  • 第2部 「ヒトのレトロウイルスと癌」(レトロウイルスと癌
  • 成功・挫折、そして再び成功へ
  • 最初のヒトレトロウイルス、癌ウイルスの発見
  • 第2のヒトレトロウイルスの発見)
  • 第3部 「第3のヒトレトロウイルスとエイズ」(1つの原因で1つの病気
  • ブレーク・スルー
  • 情熱的な発見の日々
  • 血液検査特許の訴訟/敵対と解決)
  • 第4部 「科学と政治の狭間で」(警鐘
  • エイズウイルスはどのように活動するのか
  • カポシ肉腫・エイズの特殊な腫瘍
  • どうしてHIVがエイズの原因なのか
  • われわれがエイズに対してできること)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウイルスハンティング : エイズウイルスとの邂逅
著作者等 Gallo, Robert C
山口 一成
Gallo Robert
ギャロ ロバート
書名ヨミ ウイルス ハンティング
書名別名 Virus hunting
出版元 羊土社
刊行年月 1993.5
ページ数 403p
大きさ 22cm
ISBN 489706600X
NCID BN0902717X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93038929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想