ビザンティン美術の表象世界

辻佐保子 著

崇高・荘厳・超越・永遠という言葉で語られ、後世の人々を魅惑してやむことのないキリスト教美術の最高峰「ビザンティン美術の世界」。そこに表現された不可視の神や天使、キリストと聖母など聖なる存在は、美と謎とを秘めている。ビザンティン美術史研究の国際的第一人者が、芸術と神学の織りなす表象世界に挑んだ画期的業績。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ビザンティン美術の表象世界
  • 1 典礼と教会装飾
  • 2 復活の願望と境界の扉
  • 3 「光と闇」をわかつもの
  • 4 イメージによるプロパガンダ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビザンティン美術の表象世界
著作者等 辻 佐保子
書名ヨミ ビザンティン ビジュツ ノ ヒョウショウ セカイ
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.4
ページ数 676, 29p
大きさ 22cm
ISBN 4000019090
NCID BN09024670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93055231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想