目標設定による管理体制

猿谷雅治, 千田洸 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一章 目標による管理体制-その必要性と考え方- / p3
  • 一 従来の仕事のやり方とその問題点 / p3
  • 二 目標による管理の必要性 / p9
  • 三 目標による管理とはなにか / p15
  • 四 目標による管理展開の基本的方法 / p25
  • 第二章 目標による管理に関する主要な諸理論 / p38
  • 一 P・E・ドラッカーの考え方-Management by Objectives / p38
  • 二 E・C・シュレイの考え方-Management by Results / p45
  • 三 R・リッカートの考え方-New Patterns of Management / p51
  • 四 D・マックグレガーの考え方-Principle of Integration- / p56
  • 五 V・パッカードの考え方-「気楽な自治」 / p62
  • 第三章 目標による管理の企業に及ぼす効果 / p70
  • 一 組織上の効果 / p70
  • 二 人事管理上の効果 / p83
  • 三 能力開発上の効果 / p98
  • 四 全般的効果-成果重視の効果 / p104
  • 第四章 導入展開の一般的技術 / p108
  • 一 トップ層の理解と意欲 / p108
  • 二 管理、監督層の教育 / p116
  • 三 社内PRの技術 / p124
  • 四 目標設定上の問題点 / p141
  • 第五章 組織中心型管理の実際 / p148
  • 一 組織中心型の特徴とねらい / p148
  • 二 組織中心型の手続と帳票 / p161
  • 三 組織中心型の問題点 / p182
  • 第六章 個人中心型管理の実際 / p192
  • 一 個人中心型の特徴とねらい / p192
  • 二 個人中心型の一般的手続と帳票 / p198
  • 三 個人中心型の問題点 / p232
  • 第七章 成果中心型管理の実際 / p242
  • 一 成果中心型の特徴とねらい / p242
  • 二 成果中心型の実際 / p247
  • 三 成果中心型の問題点 / p254
  • 第八章 目標による管理を中心とした経営管理体制の新方向 / p260
  • 一 経営組織上の新方向 / p260
  • 二 人事教育上の新方向 / p269
  • 主要参考文献 / p276

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 目標設定による管理体制
著作者等 千田 洸
猿谷 雅治
書名ヨミ モクヒョウ セッテイ ニ ヨル カンリ タイセイ
シリーズ名 経営実務全書
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1965
ページ数 278p
大きさ 19cm
NCID BN09023918
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65004209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想