農業は農業である : 近代化論の策略

守田志郎 著

著者の人生を画した著作。農学の古典として読み継がれる著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 水道管が文化を運ぶか-都市化「論」の危険性
  • 2章 ロボット農業-農民の自己そう失
  • 3章 品種は農民がきめればよい-画一化への疑問
  • 4章 自然を奪取する-工業の論理
  • 5章 農業は農業である-農業の論理
  • 6章 暮しは農業の中に-農業企業化論の誤り
  • 7章 田んぼを考えなおす-水田の絶対性
  • 8章 土を軸に-多肥の百年
  • 9章 水をゆずるな-水利権の危機
  • 10章 催眠術から覚めよう-拒む農業

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農業は農業である : 近代化論の策略
著作者等 守田 志郎
書名ヨミ ノウギョウ ワ ノウギョウ デ アル
シリーズ名 人間選書 96
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1987.1
ページ数 288p
大きさ 19cm
ISBN 4540861328
NCID BN01291287
BN02692534
BN09022595
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87018889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想