日本的自然観の方法 : 今西生態学の意味するもの

丹羽文夫 著

そこにはシオカラトンボを素手で捕える生物学が、思索的に語られていた。今西錦司を検証して<関係の学>としての生物学を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 日本的自然観の方法化-今西の挑戦状を科学はどうひき受けるか
  • 序章 <自然哲学>について
  • 第1章 <主体性>について
  • 第2章 <生活形>について
  • 第3章 <種社会>について
  • 第4章 <進化論>について
  • 第5章 <方法論>について
  • 補章 生命論への試論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的自然観の方法 : 今西生態学の意味するもの
著作者等 丹羽 文夫
書名ヨミ ニホンテキ シゼンカン ノ ホウホウ
シリーズ名 人間選書 167
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1993.4
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 4540930028
NCID BN09017314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93040385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想