冤罪はこうして作られる

小田中聡樹 著

無実の者が、ある日突然に「犯人」にされる。警察はなぜ「犯人」を作り出すのか。裁判官はなぜウソを見抜けないのか。今も冤罪を生み続けている日本の刑事司法の構造的欠陥をえぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 冤罪に泣く人々
  • 第1章 再審=狭き門
  • 第2章 なぜ虚偽自白をするのか
  • 第3章 代用監獄で何がおこなわれるのか
  • 第4章 崩壊した誤判-松山事件
  • 第5章 誤判の隠蔽-布川事件
  • 第6章 裁判官はなぜ誤るのか
  • 第7章 冤罪を防ぐために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冤罪はこうして作られる
著作者等 小田中 聡樹
書名ヨミ エンザイ ワ コウシテ ツクラレル
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1993.4
ページ数 249p
大きさ 18cm
ISBN 4061491458
NCID BN09016639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93037264
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想